2015年1月1日

グルコシルヘスペリジン


グルコシルヘスペリジン

グルコシルヘスペリジンは、水溶性を高くしたビタミンP誘導体のことです。
ビタミンP(ヘスペリジン)とデンプン部分加水分解物を酵素処理して生成することができます。

ビタミンP(ヘスペリジン)はポリフェノールの一種でみかんの皮の主成分でもあります。
柑橘類に多く含まれている成分です。
ビタミンP(ヘスペリジン)の摂取では、毛細血管の強化や血中コレステロールの改善、抗アレルギー作用があります。

ビタミンPにデンプン由来のグルコースを縮合させたビタミンP誘導体です。
ビタミンCの吸収を助け、酸化から守るので、肌のトラブルを防ぎます。
細胞と細胞を接着するヒアルロン酸の分解酵素の働きを抑える働きをもち、頭皮を若々しく保ちます。