2015年1月1日

アカヤジオウ根エキス


アカヤジオウ根エキスとは?

アカヤジオウ根エキスは、発毛・育毛促進効果があるとされてます。
ゴマノハグサ科に属し、中国の華北や華中、蒙古地方に自生する多年草の植物です。


このアカヤジオウ根エキスに、HGF(肝細胞増殖因子)の産生を促進し、さらにTGF-β(トランスフォーミング成長因子-β)の産生を抑制する作用があることで、脱毛の予防・改善に効果が期待できると考えられています。


毛髪の毛根にある毛乳頭が種々のサイトカインを産生することにより、毛髪の成長をコントロールするという報告があります。サイトカイン (cytokine) とは、細胞から分泌され特定の細胞に情報伝達をするタンパク質です。


多くの種類があり、特に免疫、炎症に関係したものが多く、いくつかは、アレルギー症状の原因物質として知られています。さらに、細胞の増殖、分化、細胞死、あるいは創傷治癒などに関係するものもあります。


そして、毛髪の成長を促進するサイトカインとしてHGF(肝細胞増殖因子)、IGF-I(インスリン様成長因子-I)があり、また毛髪の成長を抑制するサイトカインとしてTGF-β(トランスフォーミング成長因子-β)があると報告されています。


従って、毛乳頭が産生するHGFやIGF-Iの産生を促進させるか、或いはTGF-βの産生を阻害させることにより、毛髪の成長を促すことができると考えられます。


アカヤジオウ根エキスには、HGF(肝細胞増殖因子)の産生を促進し、TGF-β(トランスフォーミング成長因子-β)の産生を抑制する作用があるという報告があり、脱毛の予防・改善に効果が期待できると考えられています。