髪型をセットするスタイリング剤を11種類から選ぶ


11種類から選ぶスタイリング剤の選び方

 

大学生になって整髪剤を使用したい、就職活動で少しでも好印象を与えたい、彼女に髪の毛セットすればと言われた方へ
髪型をセットする際のスタイリング剤を11種類紹介します。
自分にあったスタイリング剤選びの参考にしてください。

スタイリングミスト

ポリマー成分をアルコールを使って溶かしたものです。スプレーを使い。毛髪に噴霧しやすくなっていてコンディショニングミストに比べて使用した後に乾かしやい特徴をもってます。

主な成分

ポリマー成分、アルコール

コンディショニングミスト

ガスを配合しておらずポンプの昨日を利用して霧を作り噴霧して毛髪になじませる特徴がある。

主な成分

コンディショニング剤、アルコール

ローション

ジェルの粘土を緩くしたような物、毛髪全体になじませやすくスタイルをタイトにしたりパリッと固めるのに向いている。

主な成分

ポリマー成分、増粘剤

ジェル

セット力の高いポリマー成分をアルコールで溶かしこんだもの、乾くのに少し時間がかかるがセット力は非常に高く濡れた髪を演出できるのも特徴。

主な成分

ポリマー成分、アルコール、増粘剤

ポマード

油性成分のみで造られていて、高粘性でジェルに近い形状、しっかりとしたツヤを与えタイトにしたり毛流れをコントロールできる、油っぽく重い仕上がり感が特徴

主な成分

油性成分

ヘアクリーム

油性成分を乳かにより溶かしこんだもの、セット力は弱くシリコンを配合することで質感調整の目的で使われる事が多い。

主な成分

油性成分、界面活性剤

ワックス

現在、最もポピュラーなスタイリング剤、比較的硬めの油性成分を用い、セット力と再整髪料をある程度両立させ、くずれてももとにもどしやすい。

主な成分

油性成分、界面活性剤

セットスプレー

エアゾール製品、液化ガスを使ってポリマー成分を噴射する、乾くのが早く、短時間でヘアスタイル固定するのに使用される。

主な成分

アルコール、ポリマー成分、液化ガス

グロススプレー

エアゾール製品、液化ガスを使って油性成分を噴霧する、セット力ほとんどない。

主な成分

アルコール、油性成分、液化ガス

ムース(フォーム)

エアゾール製品、液化ガスを使いポリマー成分を含む細かい泡を生成する、部分づけなどハンドリングの良さとセット時間短縮を両立させる特徴。

主な成分

ポリマー成分、液化ガス、界面活性剤、油性成分

オイル

植物オイルやシリコンオイルなどの油性成分のみで作られおり、セット力はほとんどなくダメージ毛に油性成分を補うなどダメージ補修の目的で使われる事が多い。

主な成分

油性成分

11種類のスタイリング剤ですが夏は水水しいジェル、冬はセット力重視のワックスと季節変化に合わせてスタイリング剤を選択するのも男なれではのかっこよさが演出できるのではないでしょうか?