頭皮環境が発毛(育毛)に影響する4つの理由


知らなかったじゃすまされない頭皮環境が発毛(育毛)に影響する4つの理由

発毛(育毛)のメカニズムといたしまして良好な頭皮環境の相乗効果ではじめて健全な育毛を期待できます。
そんな事しっているよという方もあたりまえの事かもしれませんが復習の為に進めてください。

①毛穴のつまり

毛穴に詰まった余分な皮脂や汚れ、シャンプーや整髪料の残り等は頭皮のターンオーバーを妨げ頭皮は発毛しにくい環境をなります。毛穴のつまりはフケやかゆみの原因になる事も多いので始めに適度な温度(37度~40度熱いと思う温度はさけましょう)のお湯で充分頭髪をすすいでから適量(シャンプーの種類に異なるがしかっりと泡立ちが感じられる容量)のシャンプー剤を手に取り指の腹で頭を傷つけないように洗ってから残シャンプーがないように充分にすすいでください。すすぐ時間はいつもよりも20秒長くすると効果的です。

②頭皮のターンオーバー

発毛の土台である頭皮は顔や身体の皮膚と一緒でターンオーバーを繰り返してます。成人では約4週間でフケやアカとなってはがれます。ターンオーバーが乱れると頭皮環境が乱れ、ヘアサイクルにも影響をもたらし頭皮は発毛しにくい環境となります。ターンオーバーが健全になされていないとヘアケア製品の吸収も悪くなります。適度な運動とバランスの良い食事やストレスも影響するといわれております。

③頭皮の硬さと血行

頭皮の硬さは弾力性の有無で見ることができます。弾力性が落ちると血行が悪くなり、頭髪の成長に必要な栄養素がいきわたらなくなるため、育毛に影響します。洗髪時に頭髪をマッサージするように洗髪すると身体のストレッチと同じで頭皮が柔らかくなっていくのも感じられます。

④頭皮の炎症、頭皮の湿疹

頭皮湿疹等の炎症がある場合、頭皮のターンオーバー昨日がうまく働かず外的刺激から頭皮を守る皮脂膜の働きも弱まっている事が考えられます。中には、円形脱毛症やアトピー性皮膚炎等の炎症によって脱毛が起こる場合があり、頭皮の炎症や頭皮湿疹が発毛しにくい頭皮環境に繋がりますので、炎症や湿疹を感じたら皮膚科に相談し治療後の発毛促進をオススメいたします。

引用元:育毛ガイドブック